ジャンクの国から こんにちは!
A&D DA-F830 チューナー修理

A&D DA-F830 チューナー分解、クリーング、筐体内の塗装をして修理完了

A&D DA-F830 チューナー修理

ホーム | ブログ ジャンクの国から こんにちは!

A&D DA-F830 チューナー分解、クリーング、筐体内の塗装

A&D DA-F830 チューナー

使うにさいし内部を確認します。
と言うのも、筐体の足の1本がかなり錆びていたからです。

内部

内部 チューナー部

電源部 埃がべたついています

開けて驚く、埃がべたついています。
この下の筐体の部分が錆びています。
この基板を上げると錆びが柱と?成っていました。
このままでは発火の原因にも成りますので
コネクター、基板等々、筐体の中をエアーで飛ばし埃を等を掃います。

当然、エアーだけでは綺麗に成りませんので
綿棒や、機械洗浄に(シルコット)を使い綺麗にして行きます。
落ち難い所やコネクター等には接点洗浄剤(リレークリーナー)で
洗浄、お掃除して行きます。

電源のコネクターは爪で押さえると簡単に外れますが
ケーブルが繋がっているので…面倒です。
内部の電源ケーブルも交換しした方が良いかも…と、一部、交換
外せて確認できる所は、基板を上げてみます。

やはり、この基板の下は錆びが酷く。
この下だけ錆びています。どうしてだろう、水でも浴びたのか?
錆びをペイパーナイフで落し、その後、丁寧に錆びを落とします。
接触してショートして事故と成ったら洒落に成りませんので。

落とし終わったので、塗料のスプレーがあったので
錆びた部分にスプレーで塗装?しましたが
夜、玄関の暗い明かりのものでして自分に向かって誤って
スプレーを「シュー」と手のひらがアイボリーに染まりました。

塗料は風呂に入り落ちましたが爪は落ちないものですね。
で、爪と爪をこすって落としました。

これで、平気でしょう。

ページのトップへ戻る

広告
  
お薦め情報
ジャンク情報
オーディオ 書籍
ジャンク修理 オーディオ、AV
書籍 Mac/Win/PC/電子工作/カメラ

関連書籍

オールドマック PC情報
運営

正当なCSSです!

copyright (c) ジャンクの国から こんにちは! All right reserved.