ジャンクの国から こんにちは!
パイオニア D-05 DATデッキの修理 その1 その2 その3

パイオニア D-05 DATデッキの分解、修理、調整、ゴムベルト自作(バンコード)ボロボロの状態を修理しました。

パイオニア D-05 DATデッキの修理 その1

ホーム | ブログ ジャンクの国から こんにちは!

パイオニア D-05 DATデッキの分解、修理、調整、ゴムベルト自作(バンコード)
DATデッキ D-05 500円 つまみ3個なし
ボロボロの状態や修理の映像を半分を消してしまいました。
理由は先回、撮影した画像を消さずに撮影し、CFが途中で一杯に成ったので交換
しかし、交換した積もりが…同じCFを付けていたとは…
で、CFを付けると当然、一杯、ここでちゃんと確認すれば
よかったのですが、最初の画像を見て、ああ、これは古いねと全て消去
で、途中まで撮影して、前の画像を見ようか何て事で気が付きました。
みなさんもお気を付け下さい。もう、少しきちんと確認すれば… 

さて 症状は電源ONで液晶に「ERR」が表示されます。
水没とDATのテープを持っていなかったので
そのまま、放置プレイーにしていたのですが
何気にトレー蓋をちょこっと開けて見ると(2ミニくらいしか開かないよ)
なんかテープが入っている見たいです。と、成ると再生中に
可笑しくなった可能性が、これだと、動くかな。
でも、ごらんの通り水没して、何処かに放置?

泥水が…可哀想な筐体

本体全体とかの画像もあったのですが
これが、筐体です、一応、店で軽く拭いて貰ったのですが
水没しています。前面も酷い状態です。

本体裏の端子部

軽く拭いたのですが
まだ、まだ、端子は、汚れています。
一部、ネジの部分に錆びが…
この辺はクリーナーや、やすりなどを使い綺麗にしてあげます。
(コネクターはヤスリは当然、掛けません。)

何故か、強力なテープで筐体が止められていました

はてな?ですが、前面と筐体に強力なテープで止められていました。

テープが内部で引っ掛かっています

この画像は後から撮った物です。
尚、テープの開閉部を外して撮影しています。 
本体にテープが入っていて引っ掛かってトレーが開きません。
これはテープの開閉の扉が引っ掛かっていました。

トレー内も泥水が

トレーの中も泥が(;^_^A
こんな状況でした。

DATテープの破損していました。

テープを取り出すと。
テープの開閉部分のピンが折れていました。
この為、テープの開閉部分がトレーに引っ掛かり
エラーを出しているんだなと。分かったのですが
しかし、一度、水没している為かメカが全く動きません。
分解して、お掃除して行けばどうにかなるか?

メカ部

分解して、グリスや、汚れを綺麗にして行きます。
SW等はばらせる範囲で分解してクリーナーを掛け
グリスを塗ったり、各所がスムーズに動くか確認します。
状態が状態でしたので面倒がらずに根気よく丁寧にです。

筐体に隙間から泥水が入ったんだね。

本体の前面部分を開けた所です。
泥水が浸入していますね。

前面パネルを外して汚れを落としています

お掃除する為に分解して行きます…
前面のパネルの外したのですが
ここも、泥水が。

パイオニア D-05 DATデッキの修理 その2

パイオニア D-05 DATデッキの修理 その3

ページのトップへ戻る

広告
  
お薦め情報
ジャンク情報
オーディオ 書籍
ジャンク修理 オーディオ、AV
書籍 Mac/Win/PC/電子工作/カメラ

関連書籍

オールドマック PC情報
運営

正当なCSSです!

copyright (c) ジャンクの国から こんにちは! All right reserved.